関節痛さよなら大百科 HOME » 第2章 医療機関による関節痛の治療 » 装具療法

装具療法

関節痛のサポーター

膝痛などの関節痛を緩和させるための装具があります。

装具療法の目的は、関節にかかる負担を軽くすることと、関節を安定させることです。とくに、変形性膝関節症に用いられるケースが多くなっています。

装具を付けることで、関節の変形そのものを治すことはできませんが、痛みを和らげて動作をスムーズにする効果があるので、日常生活がラクになります。

膝痛・関節痛を緩和して安定させる装具とは

装具の種類には、代表的なものにサポーターや足底板、硬性装具、杖などがあります。それぞれの効果を紹介します。

サポーター

サポーターには、保温を目的に使用するタイプと、膝を支えて固定するタイプの2種類があります。

保温を目的に使用するタイプは、薬局などで手軽に購入でき、軽くて着け外しもラクなので、よく使われています。しかし、サポーター自体に装具療法の目的である関節の負担を軽減したり、関節を安定させる効果はほとんどありません。

これに対して、膝を支えて固定するタイプのサポーターは、金属やプラスチックの支柱が入っているため、筋肉の代わりに膝関節を支えることができます。

市販品を購入することもできますが、締め付けが強すぎると血行が悪くなって逆効果になるため、できれば医師に相談して選ぶか、処方してもらう方がいいでしょう。

足底板

足底板は、靴の中に直接入れたり、足につけたりして使用する装具です。外側が高くなっていて、O脚を若干補正するので、膝の内側にかかる負担を減らし、関節痛を緩和する効果があります。

主に変形性膝関節症の初期から中期に用いられ、変形がそれほど強くない時期に有効です。

硬性装具

硬性装具は、プラスチックや金属などの枠組みで作られている装具です。膝関節の安定性を高めることによって、膝痛を和らげる効果があります。

簡単な装具の場合は、取り外しもラクで、費用も比較的安く済みますが、関節の安定効果はそれほど高くありません。

しっかりとした造りで複雑な装具の場合は、関節を安定化させる効果も高くなりますが、取り外しが面倒で、費用も高めになります。

杖は膝関節だけでなく、脚全体にかかる負担を軽減させる効果があります。体重を分散させるので、膝の痛みが緩和されるだけでなく、転倒防止にもなります。

杖にはT字杖、ロフトランド杖、松葉杖など、さまざまな種類がありますが、日常生活では「T字杖」を使うのが一般的です。杖を選ぶときは、持ちやすくて自分の身長に合ったものを選びましょう。

ここで紹介した装具は、常に身につけるものなので、自分に合ったものを選ばないと逆効果になる可能性もあります。

柔らかな素材のサポーターは、それほど気にしなくても大丈夫ですが、それ以外は必ず医師に相談して、アドバイスをもらったうえで購入することをおすすめします。

このページを見た人はこちらもチェックしています

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる