HOME » 第3章 関節痛におすすめのサプリメント成分 » 【番外編】今話題の成分オメガ3脂肪酸サプリメント

【番外編】今話題の成分オメガ3脂肪酸サプリメント

関節リウマチや関節炎に有効性が実証された、オメガ3脂肪酸(DHA/EPA)について解説。関節への効果や口コミ、サプリの選び方などを紹介しています。

リウマチの痛みを緩和する効果が期待できるオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種で、α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)がこれに分類。おもにイワシ・サバなどの青魚から取れる魚油や鮫肝油、クリルオイル(オキアミ油)、亜麻仁油などの植物油などに含まれています。

オメガ3脂肪酸には心臓血管疾患や炎症性関節疾患のリスクを軽減し、脳や中枢神経系の成長を促進。また、皮膚の健康を増進させる効果もあります。健康促進効果が高いにもかかわらず食事による摂取量が少なくなっているため、欧米諸国では栄養補助食品として摂取することが推奨されています。

関節への有用性という点から考えると、慢性関節リウマチの症状を緩和する自然療法としてオメガ3脂肪酸が注目されています。

機能性評価で唯一「A評価」を得たオメガ3脂肪酸

2012年、消費者庁が発表した11成分の機能性評価結果によると、オメガ3系脂肪酸(DHA/EPA)は、「関節リウマチ症状の緩和」について、唯一A評価を得ています。11成分の中には、関節痛に有効と言われるグルコサミンやヒアルロン酸もありました。しかし、グルコサミンは「変形性膝関節症の症状改善」でB評価、ヒアルロン酸は「膝関節痛改善」でC評価という結果に終わっています。

オメガ3脂肪酸の機能性の高さは、科学的にもしっかり証明されているのです。

関節リウマチの世界的な権威もオメガ3脂肪酸の有効性を証明

関節リウマチの先導的な権威であるアメリカのドクター・クレーマーによれば、過去10年の間に行われた数々の研究の中で、魚の油(DHA/EPA)を摂っていると関節の腫れ、痛み、こわばりを緩和する助けになると明言しています。

また、ベルギーで行われた研究では一日に魚の油でオメガ3脂肪酸を2600mg摂っていると痛みが減り、握力が強くなったり約半数の被験者が非ステロイド鎮痛薬を減らしたりすることができたという報告も発表されています。

オメガ3脂肪酸サプリメントを飲んでいる人の口コミ

  • 睡眠時間にかかわらず、すっきりと目覚めるようになりました。また、右足の関節痛がひどくて気圧や気温の変化で痛みがあったのが、オメガ3脂肪酸を飲み始めてからよくなり、今では痛かったことすら忘れています。
     
  • これまでたびたび膝にズキッと痛みを感じていたのですが、オメガ3脂肪酸を飲んで2週間したら、痛みを感じなくなったことに気がつきました。軽快に動ける毎日を過ごせて、とても嬉しいです。
     
  • メタボ対策でオメガ3脂肪酸を飲み始めたのですが、抗炎症作用もあるらしいのでリウマチの症状改善に期待しています。
     
  • ダイエットのためにランニングを始めたのですが、少し走ると右くるぶしが痛い状態が続いていました。友人が膝の痛みに効くと言うのでオメガ3脂肪酸を試してみたら、確かによくなっているみたいなので続けたいと思います。

オメガ3脂肪酸の摂取目安量・サプリの選び方

日本人の食事摂取基準ではオメガ3脂肪酸の摂取量は成人男性2600mg、成人女性2300mgと推奨。なかでもDHA・EPAは「1日当たり1000mgの摂取が望ましい」と、厚生労働省が提唱しています。オメガ3脂肪酸を摂取するには魚を食べるのがもっとも手早い方法なのですが、洋食化の傾向により日本人でも魚介類の摂取量の減少が続いており、普通の食事で摂取するのはなかなか難しい状況です。

効果的かつ継続的な摂取にはサプリメントの存在が不可欠といえます。配合量の多いサプリで、オメガ3脂肪酸を効率的に摂り続けるようにしてはいかがでしょうか?

関節痛に効果があるオメガ3脂肪酸サプリメント一覧はこちら!≫

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる