関節痛さよなら大百科 HOME » 第3章 関節痛におすすめのサプリメント成分 » 関節痛に効くヒアルロン酸

関節痛に効くヒアルロン酸

ここでは関節痛におすすめのヒアルロン酸について解説。関節への有用性やサプリで摂取した方の口コミなども紹介しています。

潤滑作用や緩衝作用により関節痛を和らげるヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人や動物の身体の中に含まれているグルクロン酸とN-アセチルグルコサミンからなるムコ多糖類の一種で、関節液や関節軟骨、眼の硝子体などに多く含まれています。

人の身体の中では骨と骨との間の動きを滑らかにする潤滑作用やクッションの役割を果たす緩衝作用により関節の動きをよくする働きがあります。また、1gあたり6Lの水を保持することができるため水分の保湿に関しても重要で、皮膚のみずみずしさや張りを保つ働きもあります。

歩く、立ち上がる、階段を上るといった動作の際に、膝などの関節に痛みを感じることがありますがこのような関節痛にヒアルロン酸は力を発揮します。

ヒアルロン酸を軟骨細胞に与えることで、軟骨の形成が増加したという研究が報告されており、膝関節症に対する治療では40~50%の症例で痛みが緩和されたそうです。

医療用の薬剤としても使用する場合は、変形性膝関節症や五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎、慢性関節リウマチになどに対して痛みを和らげたり炎症を抑えるために関節内に注入する方法で用いられています。

経口摂取による有効性についてはそれほど症例が多いわけではありませんが、皮膚の水分量増加及び膝関節痛改善に効果があるとの報告があります。

ちなみに消費者庁が行なった食品の機能性評価においては、膝関節痛改善に対してC評価という結果が出ています。

ヒアルロン酸サプリを飲んでいる人の口コミ

  • 急に酷い膝痛になってしまい、つかまりながらでないと歩くのも困難な状況でした。医者で治療を受けたのですが痛みが引かず、試しにヒアルロン酸を飲み始めたのですが、1.5ヶ月ほどで痛みがほぼ消えて普通に歩行ができるようになりました。
     
  • ヒアルロン酸を飲み始めて4ヶ月ほどで以前とは違うということが実感できました。立ったり座ったりといった動作が楽にできるので、新しい趣味として茶道にも挑戦中です。
     
  • いろいろな薬を飲んでも効かず、関節痛に悩んでいたのですがヒアルロン酸を常用するようになってから痛みが気にならなくなりました。

ヒアルロン酸の摂取目安量・サプリメントの選び方

ヒアルロン酸は1日の摂取量が、60mg~120mgぐらいで効果や効能が期待できると言われています。

ヒアルロン酸はニワトリのトサカやフカヒレなどに多く含まれているのですが、40度以上の熱で壊れてしまう性質があるため食事などから摂取することは難しいとされています。

したがってサプリメントからの摂取が有効となりますが、選ぶ時の重要なポイントは天然由来であるかどうかという点です。

大量生産できるバイオ製法を用いた合成のものが出回っていますが、安全のためには天然成分のものを選ぶことです。また、ヒアルロン酸は極めて分子量が大きく吸収が悪いという欠点があるため、できれば低分子化されていて吸収率の高いものを選ぶことが重要です。

ヒアルロン酸のおすすめサプリメントを紹介

●ヒアルロン酸&グルコサミン(キューピー)

国内ナンバーワンのヒアルロン酸出荷量を誇るキューピーが手掛ける、高純度ヒアルロン酸を配合したサプリメント。ヒアルロン酸の1日当たりの推奨摂取量60~120mgを大幅に上回る200mgを摂取でき、グルコサミン・コンドロイチンも同時摂取できます。

価格 6,156円(税込み)
有効成分 ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチン
ヒアルロン酸含有量
100mあたりの料金
102円
サプリメントの
形状
タブレット
安全性 安全・安心の原材料を使い、厳しい基準を設けた工場で製造しています。
1日の摂取量 5粒
関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる