HOME » 第3章 関節痛におすすめのサプリメント成分 » 関節痛に効くコラーゲン

関節痛に効くコラーゲン

関節痛におすすめのコラーゲンの効果について解説。おすすめのサプリや、摂取している人の口コミなども紹介しています。

なめらかな関節の動きを実現してくれる!コラーゲンの効果

実は、コラーゲンはタンパク質の一種で、身体を構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内コラーゲンの内、40%は皮膚に存在し、次いで骨や軟骨が約20%、その他は血管や内臓など全身に広く分布しています。

コラーゲンはアミノ酸(グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンなど)の組み合わせにより成り立っていて様々なタイプがあります。皮膚や腱などの主要なコラーゲンはI型、軟骨の主要なコラーゲンはII型と呼ばれ、用途に合わせてそれぞれの働きを担っています。

しわやしみを改善するなど肌の弾力性を保つ働きが注目されることが多いですが、関節の軟骨組織にも存在し、関節のなめらかな動きをサポートしています。

加齢でコラーゲン量は減少するので、コラーゲン不足は、肌の衰えだけでなく関節痛の原因でもあるのです。

コラーゲンは弾力性に富んでいるので、関節にかかる衝撃を吸収してくれるクッションにもなってくれます。

軟骨は水分のほかにコラーゲンやプロテオグリカン(グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸など)が主成分となっていますが、その中でコラーゲンはプロテオグリカンをあるべき位置に安定させて、軟骨基質を形成してくれるのです。

つまり、コラーゲンを摂取することで健康な軟骨を作ることができ、関節を守ることになるのです。また、関節の動きを支持している筋肉の膜や腱にもコラーゲンは多く含まれているため、これらの支持能力が高まれば、より関節を健康に保つことができます。

コラーゲンサプリメントを飲んでいる人の口コミ

  • 五十肩で腕が上がりにくくなり、年のせいと諦めていたのですが、どんどん痛みが増してくるので、コラーゲンサプリメントを試してみました。今では日常生活で感じる痛みはかなり軽減されましたね。
     
  • 変形性膝関節症に悩まされ44歳を過ぎて定期的に水を抜きに通っています。膝の軟骨のためにコンドロイチンとグルコサミンに加えコラーゲンも欠かさず飲んでいます。飲む時と飲まない時とでは全然痛みと調子が違います。
     
  • 原因が分からない膝の痛みに悩んでいました。お医者さんでの治療と同時に、コラーゲンサプリを飲み始めたところ、症状が劇的に改善されました。

コラーゲンの摂取目安量・サプリメントの選び方

コラーゲンの1日に必要な摂取量の目安は、体型や体重などによっても変わりますが、おおよそ5000mg程度が必要と言われています。

コラーゲンが含有されている食材は脂肪を含むものが多いため、これをすべて食事に置き換えると、摂取カロリーが一日の成人必要カロリーを大きく超えてしまいます。食事だけで必要な摂取コラーゲンを賄うのは難しいでしょう。また、食物に含まれるコラーゲンは大きな分子になっているために、なかなか吸収されないという性質もあります。

食事だけではこの量を摂取していくのは難しいので、サプリメントなどで効率的に補充する必要があります。

サプリメントに含まれているコラーゲンは低分子化されているものが多いため、吸収しやすくなっています。毎日の摂取で必要な量をきちんと摂ることができます。

また、ビタミンCにはコラーゲンの吸収を高める効果があるので、ぜひ一緒に摂取してみてください。

ちなみに、コラーゲンは日頃の食事からもある程度は摂取できるため、サプリメントで補給する場合は、1日当たり20~30mgが適量です。コラーゲンを過剰摂取すると、脂肪として蓄積されてしまうため、太ってしまう可能性もあります。サプリメントを選ぶ際には、含有量をよく見てから購入するようにしましょう。

コラーゲンのおすすめサプリメントを紹介

●グルコサミン&コラーゲンセット(小林製薬)

累計300万袋以上の販売実績をもつロングセラーサプリ。1日当たりに摂取できるグルコサミンは、なんと1760mg。そのほか、コラーゲン、ビタミンCと骨に良い成分を最適なバランスで配合しています。着色料・香料・保存料無添加です。

価格 2,700円(税込み)
有効成分 グルコサミン、コラーゲン、ビタミンC、デビルズクローエキス、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム
コラーゲン含有量
100mgあたりの料金
339円
サプリメントの
形状
タブレット
安全性 パッケージには主成分だけでなく、全成分を表示。厳しい品質管理基準を設けています。
1日の摂取量 7粒
関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる