HOME » 第4章 関節痛の基礎知識(関節の仕組み) » 膝関節

膝関節

ここでは、膝関節の構造とその働きについて解説します。

膝関節はどんな構造をしているの?

膝は、太ももの骨(大腿骨)スネの骨(脛骨)スネの裏側の骨(腓骨)膝の皿(膝蓋骨)の4つの骨が合流する地点になっています。

また、これらの合流地点でそれぞれの骨が衝突しないよう、いわば交通整理をしているのが「靭帯」「軟骨」「半月板」「関節包」になります。

細分化すれば、膝はさらに小さな組織に分かれますが、膝の構造を考えるうえで大切なのは、以上の4つ。いずれかの調子が悪ければ、膝の機能は果たされません。

膝関節はどんな働きをしているの?

膝関節には、大きく分けて「足を動かす」「体重を支える」という2つの役割があります。

【足を動かす役割】

私たちの生活において欠かせない「歩く」「しゃがむ」「正座」という動作において、膝はそれぞれ60°、100°、140°の角度で曲がります。
万が一、膝がこのように曲がらない場合、歩くことも椅子に座ることもままなりません。膝が曲がるからこそ、私たちは日常生活をスムーズに過ごすことができるのです。

【体重を支える役割】

膝より上には、太もも、胴体、両腕、頭があります。つまり、人間の体のほとんどが膝よりも上部にあり、ほとんどの体重を膝で支えていることになるのです。
さらに、歩くときには体重の約2倍、階段の昇降で約3倍、走る際には約5倍の負担がかかると言われ、仮に50キロの人が走っただけでも、250キロもの衝撃に。
日々の生活において、いかに膝の役割が重要か、お分かりになられるかと思います。

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる