HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデス

関節痛を伴うことも多い全身性エリテマトーデスについて、その症状や原因を解説します。

関節痛も症状のひとつ「全身性エリテマトーデス」とは?

別名SLEと呼ばれ、免疫に何らかの異常をきたすことで、自分自身の細胞を破壊してしまう病気です。いわゆる、膠原(こうげん)病の一種で、体の内部や外部のあらゆるところに炎症が起こり、痛みを伴います。関節痛も症状のうちのひとつとなるため、原因不明の関節痛を発症した場合、全身性エリテマトーデスである可能性があるということを覚えておきましょう。

患者の性別比率は、男性1に対し女性が10と、圧倒的に女性が多くなっています。とくに15~40歳という若年層に多いのが特徴です。

全身性エリテマトーデスの原因とは?

現在も明確な原因解明には至っておらず、さまざまな仮説が存在します。それらの中でも、多くの研究者において、意見が一致している3つの原因があります。

全身性エリテマトーデスの治療法

ステロイドの服用が、一般的な治療法。症状のレベルに応じて量の調整が必要となるため、主治医による適切な指示が重要となります。個人の判断で投薬を中止した場合、症状悪化や死亡率も高くなるため、注意が必要です。

また全身性エリテマトーデスの場合、他の病気と違い一生服用を続けなければなりません。しかし、服用を続ける限りにおいては、生活の質(QOL)を高い水準で維持することが可能。中枢神経などに発症しない限り、問題なく生活を送ることができます

原因不明の恐ろしい病気ではありますが、症状を最小限に封じ込め、病気と上手に付き合うことが可能となってきています。

 
関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる