関節痛さよなら大百科 HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 関節リウマチ

関節リウマチ

ここでは関節リウマチの症状・原因や治療方法にはどのようなものがあるのか解説しています。リウマチに効くサプリメントも紹介しています。

免疫機能の異常により関節痛を起こすリウマチ

関節リウマチは関節の潤滑油を供給する滑膜が炎症を起こして関節痛、腫れ、赤み、こわばりなどを感じ、炎症が広がると関節軟骨が破壊され関節の変形をきたす病気です。

原因はまだ完全にはわかっていませんが、自分の体の一部を敵とみなして排除しようとする免疫機構の異常によって起こる自己免疫疾患のひとつとされています。

現在日本には60~70万人の関節リウマチの患者がいると言われ、約8割が女性で発病するのは主に30~50代です。

なぜ女性に多いのかは明らかになっていませんが、過労や睡眠不足、精神的ショック、妊娠・出産の後に発症するケースが多く、女性ホルモンやストレスが関係すると考えられています。

また、発病には遺伝が関係することが分かっていますが、家族に関節リウマチ患者がいても、必ず発病するわけではありません。

リウマチになりやすい遺伝的な素因に何らかの後天的要因が加わって発症するのではないかとも言われ、後天的要因として細菌やウイルスによる感染が引き金となっている可能性が有力視されています。

関節リウマチの症状

いきなり発症するのではなく非常にゆっくり進行するのが特徴で、段階に応じて症状が異なります。

・初期症状

食欲不振、倦怠感、熱っぽさなど、何となく動きづらい感覚が続きます。とくに、朝方にこわばりを感じることが多く、体を動かすと違和感がなくなるのが特徴。このような症状がある場合は、関節リウマチの前兆であると考えられています。

・発症

手指などの小さな関節にこわばりや腫れ、痛みが生じはじめます。人によっては、膝関節などの大きな関節から症状がはじまるケースもあることも。手指、指の付け根、第一関節、足の指の付け根から、足首、肩、ひじ、膝、股関節などの関節炎が、あちこちに移動して生じるようになります。

・進行期

関節リウマチが進行すると、関節のなかにある液が大量にたまる「関節水腫」が起こります。膝関節に関節水腫が起こると、膝の皿のまわりが腫れたり、裏側が袋状に腫れたりすることで、強い痛みを生じるのです。

関節が破壊されていくにつれて痛みが伴い、血流も悪くなり、筋肉が不自然に引っ張られると筋肉痛も起こります。

さまざまなリスクがある病気

関節リウマチは進行すると、体に大きな影響を及ぼします。

【関節変形】

関節が破壊され、筋肉が萎縮すると手足の指が外側を向き反りZ字状に変形したり、骨と骨がくっつく「強直」の状態に陥ったりすることもあります。

【血管の炎症】

血管に炎症が起こり、栄養や酸素が行き渡らなくなると、潰瘍ができたり、臓器に影響が出たりします。血管の炎症が重度になると「悪性関節リウマチ」と診断される恐れが。国の難病指定に認定されるほどの、重い病気です。

【肺の炎症】

血管の炎症にともない、息切れ、呼吸困難、肺機能の著しい低下が見られることもあり、胸膜炎や間質性肺炎の合併症が起こる人もいます。

関節リウマチの診断基準

関節リウマチは、自覚症状と医師による視診により診断されます。早期の場合は診断が難しいため厚生労働省では、米国リウマチ協会が定めた基準に基づき「早期リウマチ診断基準」というガイドラインを設けています。

【関節リウマチの診断基準】

  1. 少なくとも1時間以上持続する「朝のこわばり」が6週間以上続く
  2. 3個以上の関節の腫脹が6週間以上続く
  3. 手・中手指節関節・近位指節関節の腫脹が6週間以上続く
  4. 対称性関節腫脹が6週間以上続く
  5. 皮下結節(リウマチ結節)
  6. 血清リウマトイド因子が陽性
  7. 手・指のX線の変化

以上の7項目中、4項目を満たすものを関節リウマチとします。

薬物療法に加え日常生活の改善も必要

関節リウマチの治療の基本は薬により、症状を和らげ病気の進行を抑えることです。

免疫の異常に対して働く抗リウマチ薬を使い、炎症や関節の破壊を強く抑えるという方針で薬が選ばれます。また炎症による腫れや関節痛を抑えるために非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)やステロイドも使用されます。

関節リウマチ患者が日常生活で注意するポイントは安静と適度な運動です。関節を保護し、体に負担がかからないことを意識しながら生活をする必要があります。

十分に睡眠をとり規則正しい生活をする、関節痛がある場合は無理せず安静、痛みが軽くなったら疲れが残らない程度の適度な運動をする、体が冷えないように注意し入浴はゆっくり体を温めるなど、医師からしっかり指導を受け守ることが大切です。

リウマチに効くサプリメント成分とは

関節リウマチ患者にとっては食生活も重要。関節の炎症や痛みを和らげるために積極的に摂りたい成分は、DHA・EPA、グルコサミン、コンドロイチンなどです。とくにオメガ3脂肪酸に含まれるDHAとEPAは、消費者庁の食品機能性評価において「関節リウマチの症状緩和が期待できる」と明言しており、最も評価の高いA評価を得ています。

DHA・EPAのほか、10成分の評価テストも行われましたが、A評価を得たのはDHA・EPAだけです。DHAとEPAは、マグロ、サバ、サンマなどの青魚の油に含まれていますが、関節痛対策として摂取するのであれば、やはりサプリメントで補うことをおすすめします。

また、リウマチの症状があると体を動かす機会が減り、骨粗しょう症の合併リスクも高まるため牛乳や小魚などで、カルシウムもしっかり補っていきましょう。

関節リウマチに効く成分配合!
おすすめサプリメントとは?≫

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる