関節痛さよなら大百科 HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 偽痛風

偽痛風

ここでは、関節に激しい痛みを覚える「偽通風」の症状や原因、治療法を調べました。

偽痛風が引き起こす関節の痛み

別名、軟骨石灰化症とも言われる「偽通風(ぎつうふう)」は、全身の関節に激痛を生じ、ときには発熱もともなう病気。とくに膝や肩など、大きな関節に痛みを生じます。

痛風に似た症状を持つため、偽通風と言われていますが、本物の痛風と比べると痛みは弱いと言われています。

また、60代以降の人に見られることが多く、男女による発症率に違いが見られないことも特徴のひとつ。痛風との大きな違いとして、高尿酸血症が偽通風には見られないという点が挙げられます。

偽痛風の原因とは?

偽痛風は従来の痛風のように高尿酸血症から現れるものではないという特徴があります。 そもそもの原因は、体内にある「ピロリン酸」と「カルシウム」というそれぞれの物質が結合してできる「ピロリン酸カルシウム」が、骨と骨のクッション材の役割を果たしている軟骨に沈着することによって、偽痛風として現れてくると考えられています。

メカニズムとしては、ピロリン酸カルシウムが関節部分に蓄積してそのまま「石灰化」することにより、そこに炎症が起きて、痛みが出てきます。 この病気の原因には、加齢による「変形性関節症」という変形が要因として考えられていますが、詳しいことは分かっていません。

偽痛風には、亜急性の関節炎を繰り返す「偽痛風発作型」、多関節に炎症が見られる「偽性関節リウマチ型」、徐々に関節炎が進行する「偽性変形性関節炎型」、その他「無症状(石灰化は認められる)」など、いくつかのタイプに分かれています。

体内におけるピロリン酸の濃度は老化に合わせて高くなるため、60代以降の高齢者に偽痛風が増加することが考えられます。 いわゆる「加齢」によって、自然にピロリン酸の濃度が高くなり、そこから偽痛風を発症する可能性も指摘されています。加齢によって軟骨が傷んだところにピロリン酸カルシウムが沈着しやすく、そこから石灰化が進んで炎症が起きるといった関係性もあります。

ただし、結晶が軟骨に沈着しても、偽痛風を発症する割合はおよそ4分の1と言われています。それに対し、まだ50代の比較的若い年齢層の方については、以下の3点の原因が考えられています。

【遺伝性】

いわゆる遺伝的体質のことです。遺伝による疾患の場合、年齢に関わらず若い人でもこの偽痛風を発症する可能性があり、現在もっとも有力な説となっています。 遺伝性の偽痛風は、関節の一部のみならず全身のさまざまな関節に痛みの症状が現れる場合があります。

また、痛風はアルコールや食事などが直接の原因として考えられる一方で、遺伝性の痛風にはそうした発症理由はありません。予防方法もありませんが、重篤な症状に至ることはあまり多くはなく、炎症が収まれば無症状となります。

【副甲状腺機能亢進症】

副甲状腺そのものに何らかの異常をきたしてしまい、副甲状腺ホルモンが通常よりも過剰に分泌されている代謝性の疾患です。 副甲状腺機能亢進症には、副甲状腺そのものに異常がみられる「原発性」と、カルシウム代謝の破綻が元となる「二次性」の二種類に分けられます。

この病気には倦怠感や食欲不振、口の渇きなどさまざまな症状が現れるとされ、偽痛風もその中の一つに含まれますが、必ずしもこの疾患と偽痛風が直結しているという断定はできません。ただし現時点で、発症の「引き金」になると考えられています。

【外傷や手術】

事故や怪我などで膝の半月板を切除した場合に、膝の関節に偽痛風の症状が見られる場合があります。 そのため、外傷もしくは手術などを経験した方は、偽痛風との関連があると考えられています。

偽痛風の治療

現時点で、偽痛風そのものを治療する方法はまだ確立されていません。痛みを軽減したり、痛みを取り除くといった対症療法が主な治療法となります。

病院での治療

痛みが生じる場合には、非ステロイド性抗炎症薬副腎皮質ステロイド薬を内服するなどして安静第一とします。化膿性の炎症ではないと判断された場合、ステロイドの関節注射と冷湿布をして、鎮痛消炎剤を内服することもあります。

痛みが慢性的に現れる場合には、患部に直接人工関節を埋め込んだり、関節内洗浄を行うこともあります。また、症状の程度に関わらず安静に過ごすようアドバイスされ、必要に応じてリハビリテーションや生活指導なども行われます。 副甲状腺機能亢進症などの病気が隠れている場合、偽痛風の検査とは別に血液検査などを行って、そちらの治療を進める場合もあります。

運動療法

偽痛風はピロリン酸カルシウムが沈着することによって起きる関節炎であり、運動やマッサージなどの動作訓練で直接完治を目指すことはできません。 しかし、運動機能が低下している高齢の患者さんや、偽痛風に罹患したために運動機能が低下してしまった場合などは、リハビリテーションの意味を込めて運動療法を行うこともあります。

半月板の切除や怪我などを抱えている方に対して、リハビリテーションの一環として運動療法が指示される場合もあります。運動療法は偽痛風の治療というよりも、患者さんの状態や怪我の程度などに合わせて指導される治療法になります。

サプリメント

偽痛風は結晶化したピロリン酸カルシウムが軟骨に沈着することによって痛みの元となることから、痛風とは厳密には異なる病気とされています。 しかし、普段の食習慣などを改善して体の内側から健康を目指すことは、加齢に負けない強い体をつくるうえで非常に重要です。偽痛風とは別に、本物の痛風を予防することにもなりますので、食生活から栄養バランスを整えていくことはとても大切なことです。

具体的には、ビールなどプリン体の多い食べ物や飲み物を控えること、塩分や糖分の摂りすぎに注意すること、ビタミンやミネラルなどの栄養素をたっぷりと摂ることなどが挙げられます。 食事から十分に栄養が摂れない場合は、サプリメントを使って栄養素を補給することもできます。関節痛に効果のあるグルコサミンやコンドロイチンを含んだサプリメントなど、「予防」の一環として役立つサプリメントもあります。

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる