HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 偽痛風

偽痛風

ここでは、関節に激しい痛みを覚える「偽通風」の症状や原因、治療法を調べました。

偽痛風が引き起こす関節の痛み

別名、軟骨石灰化症とも言われる「偽通風(ぎつうふう)」は、全身の関節に激痛を生じ、ときには発熱もともなう病気。とくに膝や肩など、大きな関節に痛みを生じます。

痛風に似た症状を持つため、偽通風と言われていますが、本物の痛風と比べると痛みは弱いと言われています。

また、60代以降の人に見られることが多く、男女による発症率に違いが見られないことも特徴のひとつ。痛風との大きな違いとして、高尿酸血症が偽通風には見られないという点が挙げられます。

偽痛風の原因とは?

体内にあるピロリン酸とカルシウムが結合し「ピロリン酸カルシウム」という物質が作られます。このピロリン酸カルシウムが、関節にある軟骨へ沈着することにより、偽痛風が引き起こされるとされています。

関節で固まり、石灰化することにより炎症を起こして痛みを発症。老化にともなってピロリン酸の濃度は高くなるため、高齢の方に偽痛風が多い理由となっています。

その他、ピロリン酸カルシウムの沈着ついては主な仮説が2つあります。

偽痛風の治療

完治を目的とした治療法は、残念ながら確立されていません。そのため、痛みを軽減、または取り除くための対処療法がとられ、安静を第一とします。

痛みが生じる場合には、レベルに応じて非ステロイド性抗炎症薬副腎皮質ステロイド薬を内服、または注射投与します。

激痛が慢性化した場合には、関節内洗浄や人口関節を埋め込むといった手術を行う場合も。症状を悪化させないよう、リハビリや生活習慣の指導も治療の一環となっています。

 
関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる