関節痛さよなら大百科 HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 骨肉腫

骨肉腫

ここでは、関節痛をともなう病気である「骨肉腫」の症状を調べました。考えられる原因とその治療法を解説します。

骨肉腫の症状とは?

骨肉腫とは、将来骨を形成するはずの未熟な組織が、ガンにおかされてしまう病気。進行するとガンを伴った骨が形成され、外から見ても分かる程に患部が大きくふくらんでしまいます。

患者の75%が10代であり、若い年代での発症が圧倒的に多い、という特徴を持っています。

初期段階において、大きな痛みはありません。症状が進行するにつれて痛みが増し、重症化に至った場合には激痛を伴います。

発症する部位の割合は、以下の通りとなります。

上位すべてが関節にあたるため、骨肉腫の多くは関節痛を伴うといっても過言ではありません。しかし、単純に関節が痛むからといって骨肉腫である、という断定はできず、専門的な検査が必要となります。

病気の原因は?

明確な原因は不明となっています。ここでは、さまざまな仮説の中でも「有力な説」と「有名な説」を1つずつご紹介します。

完治する人もいる~骨肉腫の治療法~

骨肉腫と診断された場合には、まず抗がん剤(化学療法)を投与して進行を抑えつつ、手術により患部を切除します。切除後も再発防止のため、抗がん剤の使用は続けます。

患部を切除しても治癒が難しいと診断された場合には、足や腕の切断が行われます。

1980年くらいまでは、骨肉腫患者の約70%が、5年以内に死亡していました。しかし現在では、手術と抗がん剤の併用により死亡率は激減。他の部位への転移もないため、適切な治療をされれば、完治する可能性も高くなってきています

 
関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる