HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 痛風

痛風

ここでは、関節痛の一種である「痛風」の原因や症状、治療するための薬、痛みをやわらげるサプリメントの成分について解説しています。

関節に激痛が走る「痛風」の原因と症状

痛風は血液中の尿酸値が高くなることで、尿酸が結晶化して関節に溜まり、炎症を起こす病気です。「痛風関節炎」とも呼ばれています。

尿酸は、プリン体が代謝されてできるもので、そのプリン体は人間の細胞や食物に含まれます。プリン体は尿から排泄されますが、産出量が多くなったり、排泄が低下すると尿酸値が上がります。

通常、血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。

この状態が長く続くと、血液に溶けきらなかった尿酸は結晶になって関節に沈着し、急性関節炎(痛風)を引き起こすことになります。

症状としては、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛み出します。これが耐えがたいほどの痛みで、発作的な症状であるため、痛風発作と呼びます。

痛みは大抵の場合、1週間から10日経つと次第に治まり、しばらくすると症状がなくなります。しかし再発率が高いのも痛風のやっかいなところで、1年以内に同じ症状が出る場合がほとんどです。

それを繰り返すことで、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなり、さらに悪化することになります。

血清尿酸値の高い人は、メタボリックシンドローム(肥満、脂質異常症、耐糖能異常、高血圧症など)の頻度が高いです。したがって、尿酸値以外の動脈硬化のリスクにも注意する必要があります。

薬物療法など、痛風を治療するための方法

痛風の治療は、痛風関節炎の治療と、痛風のもとになる高尿酸血症の治療の2つに分けられます。

痛風関節炎の治療

痛風関節炎には、主な手段として、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が使用されます。これは激痛時のさし迫った痛みを、とにかく軽減させるために使われる薬です。

また、痛風発作の直前や発作の初期には、症状の進行を抑えたり、発作を未然に防ぐために、コルヒチンを用いることもあります。

高尿酸血症の治療

痛風の発作が治まったら、次の段階として、高尿酸血症の治療に移ります。高尿酸血症の治療は、薬物療法と生活療法が基本となります。

薬物療法により尿酸値を下げることができても、尿酸値を高くしてしまう生活習慣が改善しない限り、根本的な治療ができないため、生活療法はとても重要です。

薬物療法で使用する尿酸降下薬には、尿酸排泄促進薬と生成抑制薬があります。

尿酸排泄促進薬にはベンズブロマロンやプロベネシドなどがあり、生成抑制薬にはアロプリノールやフェブキソスタットが用いられます。

生活療法では、規則正しい生活をするのはもちろん、特に食事に注意することが大切です。

痛風とアルコールの関係と理由

痛風にはお酒が深く関わっていると言われています。痛風の原因となる「高尿酸血症」という症状があります。これは、尿酸の値が通常よりも高いことを示しており、毎日の食事や飲酒などといった生活習慣が影響しているとされています。アルコールが高尿酸血症から痛風へと影響する理由としては二つあり、一つには、アルコールを摂取したまま尿酸が体に溜まり、排出されにくくなる状態です。 これは、アルコールを摂取することによって尿酸を排出する機能を抑制してしまう「乳酸」の生成がうながされるため。

つまり、アルコールをとればとるほど、尿酸が排出されにくく、尿酸値が上がっていくという仕組みです。 ただし高尿酸血症の7割から8割は、体質的な影響があるとされています。つまり、体質によらない方の場合は、高尿酸血症のリスクが低いと考えることができます。 反対に、高尿酸血症を発症しやすい体質の方は、自分の生まれもった体質を変えようとしてもなかなか変わらないため、普段の生活から意識的に痛風を予防していかなくてはなりません。

二つめの理由としては、アルコールそのものが尿酸の生成をうながすという点にあります。 アルコールが肝臓で解毒される際、尿酸の原材料になる「ATP(アデノシン三リン酸)」という物質が使われ、尿酸の生成がうながされてしまいます。

痛風の大敵?「ビール」

ここで、痛風の大敵と言われている「ビール」について見ていきたいと思います。 一般的に「ビールを飲むと尿酸値が上がる」と言われていますが、ビールに豊富に含まれる「プリン体」という物質も、尿酸をつくる原材料の一つになります。

ビールの飲みすぎによってプリン体の摂取量が増えると、体の中に尿酸がたくさん生成されることになります。また、アルコールの尿酸を排出しにくくさせる作用によって、さらに尿酸の値が上がっていきます。 プリン体+アルコールのダブルの影響によって、尿酸値が一気に増加するというケースもあります。 プリン体はビールだけでなく、肉や魚などさまざまな食品に含まれています。しかしその中でもビールはアルコール飲料であるため、非常に高い痛風リスクを抱えています。

プリン体の含まれていないアルコール飲料も、尿酸の生成をうながす作用があるため、ガブ飲みなどはおすすめできません。高尿酸血症を発症するリスクがアップし、すでに高尿酸血症を抱えている方は、症状が悪化する可能性もあります。

アルコールは尿酸を生成するとともに、体の外に排出しにくくする作用がありますので、基本的に過剰摂取はおすすめできません。 そもそも飲みすぎは肝機能や腎機能などへの負担が増えるだけでなく、生活習慣病などのリスクもアップさせてしまいますので、「適量」を把握しながら飲むことが、もっともベストな飲み方と言えるでしょう。

お酒から痛風にならないための予防策

痛風を予防するためには、以下のような方法が有効です。

痛風発作を起こした経験がある方は薬物療法が主体となりますが、痛風と診断されていない状態の方は、まずアルコールの摂りすぎに注意が必要です。飲み会などでビールを頼む習慣がある場合、量を減らすかまったく飲まない、といった選択肢も有効です。 痛風を発症したことがある家族や身内などがいる場合、高尿酸血症の遺伝をしている可能性もあります。自分の体質というものを把握して、そこから予防策を講じていくこともできます。

痛風にはなっていないけれど、将来なる可能性がある(もしくは痛風になりたくない)方は、薬物療法などをしなくても早めに医療機関を受診すれば、管理栄養士の指導のもとで食事指導を受けることができます。 食事療法などを行っていると、飲みたいものが飲めずにストレスが溜まったりして、余計に暴飲暴食に走ることもあります。そこで、過食などをしないように、お酒の「適量」を守って飲むという方法もあります。

アルコールの適量とは?

アルコールの「適量」については、おおむね以下の通りとなります。

普段飲む量よりも少ないと感じるくらいがちょうどよく、さらに週に2日程度は「休肝日」を設けることも重要なポイントとなります。

また、アルコールなどと一緒に口にするものにも注意が必要です。プリン体はさまざまな食品に含まれていますが、特に豊富に含んでいるとされているものが、かつおやまぐろなどの魚、たらこや明太子などの魚卵、エビ・ずわいがに・ウニ・牡蠣・生ハムやサラミなどになります。

いわゆる高級品と呼ばれる食材も多いため、痛風は「贅沢病」と呼ばれることもあります。しかし、食事はバランス良く摂取していく必要がありますので、上記の食材をまったく食べてはならないということはありません。 心配な方は上記の食材の摂取量に配慮しながら、アルコールも適度に控えていくようにしましょう。

食事による生活改善、サプリメントによる成分補給を

肥満傾向にあり、血清尿酸値の高い人は、過食に注意しながら、標準体重を目標に減量します。

また、肉や魚の内臓類に多く含まれるプリン体は、体内で尿酸に代謝され尿酸値を上げる原因になるため、できるだけプリン体を多く含む食品の摂取を控えてください。

尿酸はアルカリ性~中性によく溶けるので、野菜、いも類、海藻類などのアルカリ性食品を十分に摂るよう、心がけましょう。

水分を十分に摂ると、尿量が増加して尿酸の排泄量も増加するので有効ですが、アルコールは代謝に関連して血清尿酸値を上昇させるので、なるべく控えるようにします。

そのほか、尿酸値を下げる効果のあるサプリメントを飲用するのもいいでしょう。

効果のある成分としては、アンセリン、EPA、葉酸、クエン酸などがあります。通常の食事の工夫だけでコントロールしにくい場合は、サプリメントの活用がとても有効です。

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる