HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 痛風

痛風

ここでは、関節痛の一種である「痛風」の原因や症状、治療するための薬、痛みをやわらげるサプリメントの成分について解説しています。

関節に激痛が走る「痛風」の原因と症状

痛風は血液中の尿酸値が高くなることで、尿酸が結晶化して関節に溜まり、炎症を起こす病気です。「痛風関節炎」とも呼ばれています。

尿酸は、プリン体が代謝されてできるもので、そのプリン体は人間の細胞や食物に含まれます。プリン体は尿から排泄されますが、産出量が多くなったり、排泄が低下すると尿酸値が上がります。

通常、血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。

この状態が長く続くと、血液に溶けきらなかった尿酸は結晶になって関節に沈着し、急性関節炎(痛風)を引き起こすことになります。

症状としては、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛み出します。これが耐えがたいほどの痛みで、発作的な症状であるため、痛風発作と呼びます。

痛みは大抵の場合、1週間から10日経つと次第に治まり、しばらくすると症状がなくなります。しかし再発率が高いのも痛風のやっかいなところで、1年以内に同じ症状が出る場合がほとんどです。

それを繰り返すことで、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなり、さらに悪化することになります。

血清尿酸値の高い人は、メタボリックシンドローム(肥満、脂質異常症、耐糖能異常、高血圧症など)の頻度が高いです。したがって、尿酸値以外の動脈硬化のリスクにも注意する必要があります。

薬物療法など、痛風を治療するための方法

痛風の治療は、痛風関節炎の治療と、痛風のもとになる高尿酸血症の治療の2つに分けられます。

痛風関節炎の治療

痛風関節炎には、主な手段として、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が使用されます。これは激痛時のさし迫った痛みを、とにかく軽減させるために使われる薬です。

また、痛風発作の直前や発作の初期には、症状の進行を抑えたり、発作を未然に防ぐために、コルヒチンを用いることもあります。

高尿酸血症の治療

痛風の発作が治まったら、次の段階として、高尿酸血症の治療に移ります。高尿酸血症の治療は、薬物療法と生活療法が基本となります。

薬物療法により尿酸値を下げることができても、尿酸値を高くしてしまう生活習慣が改善しない限り、根本的な治療ができないため、生活療法はとても重要です。

薬物療法で使用する尿酸降下薬には、尿酸排泄促進薬と生成抑制薬があります。

尿酸排泄促進薬にはベンズブロマロンやプロベネシドなどがあり、生成抑制薬にはアロプリノールやフェブキソスタットが用いられます。

生活療法では、規則正しい生活をするのはもちろん、特に食事に注意することが大切です。

食事による生活改善、サプリメントによる成分補給を

肥満傾向にあり、血清尿酸値の高い人は、過食に注意しながら、標準体重を目標に減量します。

また、肉や魚の内臓類に多く含まれるプリン体は、体内で尿酸に代謝され尿酸値を上げる原因になるため、できるだけプリン体を多く含む食品の摂取を控えてください。

尿酸はアルカリ性~中性によく溶けるので、野菜、いも類、海藻類などのアルカリ性食品を十分に摂るよう、心がけましょう。

水分を十分に摂ると、尿量が増加して尿酸の排泄量も増加するので有効ですが、アルコールは代謝に関連して血清尿酸値を上昇させるので、なるべく控えるようにします。

そのほか、尿酸値を下げる効果のあるサプリメントを飲用するのもいいでしょう。

効果のある成分としては、アンセリン、EPA、葉酸、クエン酸などがあります。通常の食事の工夫だけでコントロールしにくい場合は、サプリメントの活用がとても有効です。

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる