関節痛さよなら大百科 HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類 » 滑液包炎

滑液包炎

関節痛を引き起こす病気のひとつ、滑液包炎の概要・原因・治療法を調査しました。

関節痛を引き起こす病気「滑液包炎(かつえきほうえん)」

体のいたるところにある滑液包(かつえきほう)という組織が炎症を起こし、激しい痛みを伴う症状です。痛みは全身どこにでも起こりえますが、主に肩や足首の関節に発症します。

滑液包とは、体の組織と組織の間にある薄い袋のこと。この中には滑液と呼ばれる液体が入っており、各組織間を守るクッションとしての役割を果たしています。

この滑液包が炎症を起こすことで、中の滑液が大量に分泌。その部位に痛みが生じ、滑液包炎へと至ります。症状が悪化すると、患部は赤く腫れあがります。

五十肩や捻挫と思い診察を受けてみたところ、実は滑液包炎だったという話は実に多く聞かれるため、関節に痛みを生じた際に疑うべき病気のひとつです。

滑液包炎の原因は?

原因はさまざまありますが、主に次の7つが挙げられます。

また、足首の滑液包炎(足関節滑液包炎)は、長時間の正座や足首の前をこする癖などが主な原因。また、まったくの原因不明というケースも少なくありません。

滑液包炎の治療法

滑液包炎を治す方法は、主に7つの治療法に分類されます。

症状のレベルによって治療法が変わってきます。

痛みが激しく患部が赤く腫れあがり、関節が動かせないほど症状が重い場合は、

といった治療が必要になります。ですが、初期段階の滑液包炎であれば、簡単な方法での自然治癒が可能です。

初期段階の滑液包炎であれば、わざわざ医療機関で大変な治療をしなくてもこのように自宅で簡単に治療ができるのです。なので大切なのは、滑液包炎の再発・症状の悪化が起こる前に防ぐ「予防」に日頃から取り組むこと。自宅でできる自然治癒と、理学療法士のリハビリによる関節や筋力の機能の強化も取り入れることで、症状の悪化や再発を防ぐ効果が期待できるはずです。

また、外からの対策だけでなく、内側からの改善も併用することで、さらなる相乗効果が期待できます。

日常生活で予防できる方法としては、炎症性の関節の痛みを和らげるオメガ3脂肪酸(DHAやEPAといった青魚やえごま油などに含まれる良質な脂肪酸)を摂り入れることが重要。アメリカの研究で、オメガ3脂肪酸には関節の腫れや痛み、こわばりを和らげる作用があることが証明されています。

専門家による治療と、普段の生活でできることを上手に組み合わせ、健康的な日常を取り戻していきましょう。

滑液包炎におすすめな成分配合のサプリメントを見る≫

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる