HOME » 第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類

第1章 関節痛(膝・肘・肩・手指)の種類

ここでは、膝・肘・肩・手指などに起こる関節痛の原因や、種類について解説しています。

ひと口に関節痛といっても、さまざまな種類があり、それぞれ対処の仕方も異なりますが、一般的によくいわれる原因には、以下のようなことがあります。

膝・肘・肩・手指に起こる関節痛の原因

老化

関節痛の原因で、いちばん多いのが関節の老化です。関節は長い年月動かしていると、骨と骨との間にある軟骨がすり減って、滑らかな動きができなくなったり、ずれたりして周囲の神経を刺激し、痛みを感じるようになります。

これが原因で起こる関節痛には、変形性関節症、肩関節周囲炎(五十肩)などがあります。

肥満

関節痛の原因として考えられることのひとつに、関節への過度な負担があります。

例えば膝ですが、通常平らなところを歩くだけでも体重の3倍、走るに至っては体重の10倍の負荷がかかります。平均よりも体重が多い肥満体型の人は、日ごろから普通の人よりも大きな負担をかけることになり、軟骨の磨耗速度が早くなってしまいます。

痛風も、コレステロール値が大きく関わってくる病気なので、肥満との関わりが深い症状です。

血行不良

血行不良といえば肩こりなどの原因として有名ですが、実は関節痛の原因にもなっているのです。

血行不良になると、関節部分にも酸素や栄養分がうまく運ばれません。その結果、関節内の軟骨が減少したり、損傷を受けても修復ができなくなり、関節痛を引き起こすのです。

膝・肘・肩・手指などの冷え性を放置しておくと、関節痛だけでなく、腎臓や肝臓、心臓など多くの器官にも悪影響があるので、注意が必要です。

O脚

日本人に多いO脚も、関節痛の原因といわれています。

O脚の人は、膝が身体の中心軸よりも外側に位置しているため、重さを支える負担が膝の内側に集中的にかかります。その結果、内側の関節軟骨だけが先にすり減って、膝の内側に痛みが起こります。

この状態が続くと、関節軟骨の破壊や変性がさらに進行し、ますますO脚の程度が悪化してしまう、という悪循環を生みます。変形性膝関節症の患者の多くも、O脚であるといわれています。

以上のような原因による関節痛の種類としては、変形性関節症、五十肩、痛風などがあります。ほかにも関節痛の代表的なものとして、関節リウマチや化膿性関節炎などがあります。

それぞれの症状や原因、治療法については、さらに詳細に 解説していますので、関節痛についてもっと知りたいという人は、ぜひ各ページを参考にしてください。

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる