HOME » 第5章 自分でもできる関節痛への対処法

第5章 自分でもできる関節痛への対処法

つらい関節の痛みを少しでも和らげるために、関節痛の予防・対処法をまとめました。毎日快適に過ごすための知識や情報を分かりやすくお届けします!

関節痛の対処法は?セルフケアの必要性について 

「朝、起きたときの痛みから解放されたい」「階段の昇り降りがしんどい」など、関節痛やリウマチの症状が出たときは本当に辛いですよね。関節痛は40代以降に急増しますが、20代、30代でもときに痛みを感じる「関節痛予備軍」の方も多くいらっしゃいます。

現在、関節痛を患っている人も、予備軍と思われる人も、痛みと上手に付き合い、慢性化を食い止めるためには日頃のセルフケアが非常に大切です。そして、痛みが生じたらいち早く対処し、決して放置しないこと。また、関節痛の原因はさまざまで、原因に応じた対策をしないと、かえって関節痛が悪化してしまうこともあるため、原因を知り、正しく対処していかなくてはなりません。

しかし、そうは言っても具体的に何をすれば良いか想像もつきませんよね?

そこで、関節痛の予防や対策のために知っておくべき最低限の情報をまとめました。各ページではケアのポイントや注意点を詳しく紹介していますので、日頃のケアにぜひお役立てください。

関節痛時に気を付けたい事

関節痛は関節に炎症が生じることで起きる病気です。おもな原因は「運動不足」や「過度な運動」と言われていますが、別の病気が隠れていることもあります。原因は人それぞれ異なるため、原因に応じた予防や対策を行っていきましょう。「運動不足の人」「運動し過ぎの人」など、それぞれのタイプ別に適した予防法をまとめましたので、ぜひご一読ください。

自分でできる関節痛の改善方法を紹介

痛みが生じてしまったときに役立つ、関節痛の改善方法をまとめました。関節痛は、生活習慣を見直すことで痛みの程度を低くできます。また、ストレッチも大変有効です。マシンや器具などを使わず、自宅でも簡単にできるストレッチ法を部位別に紹介しますので、ぜひ実践してみてください。辛い痛みが和らぐはずですよ。

痛みを放置し続けることで引き起こされる症状

最も怖いのは、「一晩寝て良くなったから大丈夫」「歳も歳だし、これくらいの痛みは仕方ない」などと、関節痛を放置してしまうことです。ただし、関節痛は一度発症してしまうと癖になりやすく、慢性化しやすい病気です。そして、関節痛を放置すると思いもよらぬ事態に陥ります。関節痛のリスクをしっかり頭に入れ、正しい予防・対策を心掛けましょう。

高齢者の関節痛予防は何をすればよい?

高齢者にとって、関節痛は日常生活に支障をきたす厄介な症状の一つです。 年齢とともに老化する筋肉や関節などを放置していると、関節痛というシグナルが現れ、そのまま痛みが続いたりさらに痛みが悪化する場合があります。

関節痛かな?と思った時はそのまま放置せず、運動療法やトレーニングなどの方法で弱った部分を鍛えていきながら、同時に食事でしっかりと栄養を摂って、体の中から強化していきましょう。 栄養をしっかりと摂る一方で、食事と運動による適度な減量・体型の維持も重要なポイントです。 代謝機能が落ちて体が太りだすと、さらに関節に負荷をかけるリスクがアップするため、太りすぎにも要注意です。

関節痛に悩む人必見!おすすめのサプリメント成分とは?
特集!今話題!関節痛に有効な成分_オメガ3脂肪酸_詳細を見てみる