つらい関節痛を和らげる読本

関節痛の原因・治療法・有効成分まとめ

痛みを我慢しないでください。
関節痛の種類や治療法をわかりやすく解説していきます。
治療をサポートしてくれるおすすめの成分も、ぜひ取り入れてみてください。

第1章 関節痛の種類 第2章 関節痛の治療方法 第3章 関節サプリメント成分 注目記事 オメガ3脂肪酸の有効性

関節痛に早めの予防・対策を

膝が痛い!関節の痛み・こわばりの対処方法

関節にこわばりや痛みを感じたときには、関節に炎症が起きている可能性があります。

変形性関節症や関節リウマチなど、炎症の原因はさまざまであり、それぞれの症状によって、正しい対処の仕方も異なります。

膝(ひざ)、肘(ひじ)、肩、足首、手指など、関節に不調を感じた場合は、まずは整形外科などの医療機関を受診し、しっかりと原因を確かめましょう。

関節痛の治療方法

関節痛の主な治療法には、以下のようなものがあります。

【薬物療法】
薬物療法薬物療法で使用される薬には、外用薬と内服薬に大きく分かれます。外用薬は患部に湿布や軟膏などを塗り貼りして、炎症を抑えて痛みを軽減させます。内服薬の効能は外用薬と同じですが、効き目が外用薬よりも強く、効果も全身に及びます。これらで効果が見られなかった場合は、関節内部に直接、薬を注射する方法もとられます。
【温熱療法】
温熱療法患部を温め血行を促進させることで、組織の新陳代謝を良くし、筋肉や関節のこわばりをとって動きやすくさせる方法です。電気治療、ホットパック、超音波・赤外線・レーザー照射など、様々な方法がありますが、症状が急激で熱が高いときは温熱療法ではなく、冷却療法が行われる場合もあります。
【装具療法】
装具療法装具を付けることで、関節にかかる負担を軽くして、関節を安定させる治療法です。装具には、サポーターや足底板、硬性装具、杖などがあり、変形性膝関節症に用いられることが多いです。装具では関節の変形そのものを治せませんが、痛みを和らげて、動作をスムーズにする効果があります。
【運動療法】
運動療法薬物療法、温熱療法、運動療法などの保存的療法を行っても、症状の改善が見込めない場合は、痛みを軽減させるための手術が行われます。手術には、関節鏡下郭清術、人工関節置換術、高位脛骨骨切り術などがあり、どの手術も入院やリハビリ期間が必要になるため、患者の状況や年齢などを考慮に入れたうえで行われます。
【手術療法】
手術療法薬物療法、温熱療法、運動療法などの保存的療法を行っても、症状の改善が見込めない場合は、痛みを軽減させるための手術が行われます。手術には、関節鏡下郭清術、人工関節置換術、高位脛骨骨切り術などがあり、どの手術も入院やリハビリ期間が必要になるため、患者の状況や年齢などを考慮に入れたうえで行われます。

関節に良い成分で治療をサポート

膝が痛い!関節の痛み・こわばりの対処方法

関節に痛みやこわばりなどの違和感を覚えたら、医療機関の診断・治療を受けることが第一です。

しかし、関節痛の予防や治療をサポートする意味で、有効成分を含む食品・サプリメント・健康食品を摂取することも、効果的な対策だとされています。
つらい痛みの緩和や早期回復のために、治療と併用して有効成分を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関節痛におすすめの成分

関節痛に良いとされる成分は、サプリメントなどから摂取することができます。

【グルコサミン】
糖とアミノ酸が結びついた天然のアミノ糖のことで、軟骨を形成する物質のひとつです。すり減ったり、老化した関節軟骨を修復したり、関節の痛みを緩和する作用を持っているため、特に膝関節炎痛に有効といわれています。
【コンドロイチン】
グルコサミンが代謝して生成されるムコ多糖の一種で、軟骨や結合組織、粘液に含まれる成分です。コンドロイチンを摂取することにより、軟骨変性によって起きる変形性膝関節症に対して、抑制作用や水分保持をして膝の関節軟骨を守ると考えられています。
【ヒアルロン酸】
ムコ多糖類の一種で、関節液や関節軟骨などに多く含まれ、骨と骨との間の動きを滑らかにする潤滑作用や、クッションの役割を果たす緩衝作用があります。医療用の薬剤としても使用され、関節内に注入することで痛みを和らげたり、炎症を抑えたりします。
【コラーゲン】
タンパク質の一種で、身体を構成する全タンパク質の約30%を占めています。関節の軟骨組織に存在し、関節のなめらかな動きをサポート。関節にかかる衝撃を吸収できるのは、コラーゲンの持つ弾力性によるもので、不足すると関節炎の原因になります。
【オメガ3脂肪酸】
不飽和脂肪酸の一種で、α-リノレン酸、EPA、DHAがこれに当たります。体内で生成できない必須脂肪酸で、魚油やクリルオイル、鮫肝油などから抽出されます。心臓血管疾患や炎症性関節疾患のリスクを軽減させる効果があります。
EPAやDHAには、関節の腫れ、痛み、こわばりを緩和する作用があることが、アメリカの研究でわかりました。とくに、関節リウマチの症状を軽減する効果があり、日本の消費者庁による食品の機能性評価で、関節リウマチ症状緩和においてA評価(機能性について明確で十分な根拠がある)が出ています。

【免責事項】
「つらい関節痛を和らげる読本」は、個人が調査・運営をしているサイトです。
関節に痛みを感じたら、必ず医療機関を受診して、診断・治療をしてください。
また、サプリメントについての最新・詳細情報は各社へお問い合わせください。

 
ページの先頭へ
つらい関節痛を和らげる読本